ライトノベル

ライトノベル『とある魔術の禁書目録』レビュー

とある魔術の禁書目録

この記事では、『とある魔術の禁書目録』のあらすじや登場人物、レビューについて紹介しています。

購入を迷っている方はぜひご覧ください。

とある魔術の禁書目録とは?

とある魔術の禁書目録とは?

原作は鎌池和馬、イラストは灰村キヨタカが担当するSFのバトルアクション系ライトノベル作品。

2004年4月にメディアワークスから刊行、現在は電撃文庫(KADOKAWA)より刊行されています。

現在最新52巻が好評発売中。

さらによりAbemaTV、U-NEXT、HETFLIX他でアニメも配信中!!

あらすじ・スト―リー

主人公は、高校生の上条当麻。

舞台は、科学が発達し超能力が全て科学によって解明されている世界のとある学園都市。

そこでは、カリキュラムに能力開発が組み込まれていおり、科学によって超能力が開発されているのです。

この学園都市には、能力者と無能力者とが混在しています。

ある朝、当麻は、部屋のベランダに引っかかっている少女を発見!

彼女は自身を禁書目録(インデックス)と名乗る純白のシスターで、ある組織に追われていて逃げる途中に屋上から落ちてしまったようなのです。

この出会いをきっかけに、当麻は科学とは違う魔術の世界があることを知ります。

そして、インデックスををねらうステイル・マグヌスという名の清教の魔術師と神裂火織が当麻の前に現れ、バトルが始まり物語が進んでいきます。

主な登場キャラクター

魅力的なキャラクターとそれぞれが持つ能力を紹介します。

上条当麻(かみじょう とうま)

上条当麻(かみじょう とうま)

学園都市に住む高校生で無能力者(レベル0)の主人公。

幻想殺し(イマジンブレイカー)という異能の力を無効化する能力を右手に宿している。

禁書目録(インデックス)

禁書目録(インデックス)

イギリス清教所属のシスター。

一度見たものは一生記憶する能力があり、10万3000冊の魔導書を脳内に記憶している。

その禁書を狙う者に追われている。

御坂美琴(みさか みこと)

御坂美琴(みさか みこと)

常盤台中学2年生でヒロインの一人。

超能力者(レベル5)、「超電磁砲(レールガン)」という能力が使える。

一方通行(アクセラレータ)

一方通行(アクセラレータ)

本名不明の男の子。

学園都市の中で、第1位の超能力者であり、「一方通行(アクセラレータ)」の能力保持者である。

とある魔術の禁書目録のレビュー

「超能力が科学で解明されているが、まだ知られていない魔術の世界があることを知っていく物語」のレビューを紹介!!

主人公のまっすぐさが光る作品

あらゆる超能力、魔術を無能力化する力をを持つ主人公の当麻ですが、やる気がなく、落ちこぼれ。

しかし、シスターのインデックスのこととなると、命がけで守ろうとします。

人のことが放っておけない性格で、誰かが不幸になることを嫌い、まっすぐに自分勝手にどんどん行動していきます。

自分勝手に見える行動も周りを想っての行動なので、周りも感化され始めます。

敵を悪だとは言い切れない世界での物語なので、すがすがしく読み進められました。

今後、当麻の無効化する能力が、どのように物語と絡んでいくのかとても楽しみです。

物語の展開が最高!!

超能力と科学と魔術との関係性という、また新たな発想の世界観が大変興味深かったです。

また、白熱したバトルシーンの描写や魅力的なキャラクター、そして物語が進むにつれて回収されていく伏線がたまらなかったです。

キャラクターのセリフ回しやストーリー展開が、実に面白く、ついつい先を読み進んでしまいました。

鎌池和馬先生の執筆速度が速くどんどん新書が発売されるため、飽きずに楽しめます。

第一巻には序章を描かれており、科学の発達した都市の世界観を解説しているため、少々とっつきにくいかもしれませんが、ぜひ3巻までは読んでもらいたいです。

まとめ

ライトノベル『とある魔術の禁書目録』はぜひSFバトル好きには、一度は読んでもらいたい作品です。

現在、合計52巻発売中の『とある魔術の禁書目録』。

絶賛配信中!!