ライトノベル

ライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』レビュー

この素晴らしい世界に祝福を!のレビュー

この記事では、『この素晴らしい世界に祝福を!』のあらすじや登場人物、レビューについて紹介しています。

購入を迷っている方はぜひご覧ください。

この素晴らしい世界に祝福を!とは?

この素晴らしい世界に祝福を!

原作は 暁なつめ、イラストは三嶋くろねが担当する異世界のファンタジー系のライトノベル作品。

2013年10月より角川スニーカー文庫で刊行されています。

現在最新17巻が好評発売中。

シリーズ累計発行部数は2019年11月の時点で900万部。

映画化もしており、ABEMA TVやNetflixなどでアニメも配信中!!

さらに、なんと2020年9月24日にはゲームになります!!ヒロインとの可愛いストーリーが楽しめます。

あらすじ・スト―リー

主人公で高校生の佐藤和真は、不慮の事故で命を落としてしまいます。

そこに現れたのが、アクアという女神。

異世界への転生を持ちかける彼女が言うには、異世界に一つだけ自分の好きなものを持ち込めるという特典があるらしいのです。

そんな話をしながら勧誘を続ける彼女、次第に和真のことを馬鹿にし始め笑っている姿に、苛立ちを感じる和真は、腹いせに異世界転生にこの女神のアクアを持っていくことに決めるのでした。

その結果、彼女は転生の異世界へと道ずれになります。

主な登場キャラクター

主人公の和真と一緒に冒険をする愉快な仲間たちを紹介します。

佐藤 和真(さとう かずま)

佐藤 和真(さとう かずま)

高校生に不慮の事故で亡くなり、異世界で冒険者として転生することになる本書の主人公である。

相手に勝つためならどんな姑息な手段でも使うという腹黒さを持っているが、一方で困っている人には手を差し伸べる優しさも持ち合わせている。

仲間想いで最後まで諦めない性格であり、仲間からの信頼も厚い。

アクア

アクア

水を司る女神で、アクシズ教のご神体である。

彼女の役割は、若くして命を落とした日本人の魂を天国へ送るのか、生まれ変わりとしてこの世に戻すか、転生して異世界に送るかという案内の役目を担っていた。

しかし、和真とともに異世界に降り立つこととなり、ギルドにアークプリーストで登録。

一緒に冒険をすることとなる。

めぐみん

めぐみん

特徴的な紅の瞳を持つ紅魔族の少女で、和真たちと異世界の冒険を共にする仲間となる。

「爆裂魔法(エクスプロージョン)」という人類最強の攻撃魔法のみを愛するアークウィザード。

普段は冷静なめぐみんであるが予想外の展開には、パニックになりがちである。

また、売られた喧嘩は買うという紅魔族の信条にのっとり、誰かれ構わずぶちのめすところがある。

ダスティネス・フォード・ララティーナ

ダスティネス・フォード・ララティーナ

通称ダクネス。

大貴族の令嬢で令嬢であり、和真のパーティーの一人。

実家の影響力が高く、権力でなんでも思い通りになるが、彼女自身はそれを良しとせず極力権力行使はしないと硬く決めている。

クールで、真面目な性格で仲間に対しての罵倒には我慢できないところがある。

この素晴らしい世界に祝福を!のレビュー

この素晴らしい世界に祝福を!のレビュー

個性豊かな登場人物で繰り広げられる冒険コメディのレビューについて紹介!!

この素晴らしい世界に祝福を!の第1巻は、アニメ第一期のエピソードを中心に描かれています。

しかし、すでにアニメで見ている方でも楽しめる内容になっているんです。

内容は同じでも、キャラクタ―の背景などが丁寧に描かれているため、また新たな発見があります。

物語は、異世界ものによくあるギルドや魔法、女神、魔王の登場などと王道ですが、主人公の最弱っぷりや個性豊かでまともなキャラクターがいない中でRPGを進めていかなくてはいけないところに面白さを感じました。

主人公のスキルは幸運のみが高く、他が最弱レベルなところや、さっき決めたことを煩悩に負けて変えてしまう人間らしい部分が憎めないところです。

また、その幸運のおかげで起こる、小さなラッキーに思わずクスリと笑ってしまいました。

オチがわかっているキャラクター同士のやりとりも、わかっているからこその笑いもあって何度読んでも楽しめます。

また、一般的なRPGゲーム通りには進まない展開など笑いどころ満載の作品です。

まとめ

ライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』はクスリと笑える冒険ファンタジーです。

現在、合計17巻が発売中。

DVD、Blue-rayも好評発売中です!!

2020年9月24日発売のゲーム『この素晴らしい世界に祝福を!~この欲望の衣装に寵愛を!~』もお楽しみに。