ライトノベル

ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』レビュー

ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』レビュー

この記事では、『友達の妹が俺にだけウザい』のあらすじや登場人物、レビューについて紹介しています。

購入を迷っている方はぜひご覧ください。

友達の妹が俺にだけウザいとは?

ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』レビュー

著者は三河ごーすと、イラストはトマリが担当する学園ラブコメディのライトノベル作品。

2019年4月よりGA文庫(SBクリエイティブ)で刊行されています。

現在最新5巻が好評発売中。

シリーズ累計は2020年7月時点で25万部を突破の今人気の話題作で、2019年12月からは漫画の連載も開始しています!!

あらすじ・スト―リー

主人公の大星明照は、人生に余計なものはすべて排除。

青春なんてものは非効率!!

友達ですら本当に価値のある一人で十分だと考えていました。

ところが、そんな明照の部屋にいつも押しかけては入り浸る女子がいます。

それが、後輩で親友の妹の小日向彩羽。

周りのみんなからは羨ましがられる彼女は、一見すると成績優秀、気配り上手で優しくて明るく、非の打ちどころのない優等生で清楚な女子高生。

しかし、明照に対してだけは、忙しくてもお構いなしに部屋に押しかけ、ベッドを占領し、寸止めの色仕掛けとやりたい放題にウザい絡み方をするという。

なんでなんだよ、、、。

というところから物語がスタートします。

主な登場キャラクター

個性が際立つ登場人物を紹介します。

大星明照

高校2年生で本作の主人公。

非効率なことはしないという信念の持ち主で、友人は価値ある友達が1人いれば十分だと考えている。

自分はごく普通の平均的な男子高校生だと自称しているが、彼にはまだ明らかにしていない裏の顔がある。

小日向 彩羽(こひなた いろは)

高校1年生で明照の唯一の親友乙馬の妹。

本作品のヒロインである。

成績優秀明るく清楚な彼女は、学校でも人気の美少女。

しかし、実際は、ハイテンションで、自由奔放な性格の持ち主。

明照への態度は他とは明らかに違いを感じる。

月ノ森 真白(つきのもり ましろ)

高校2年生で明照の同級生で従姉妹。

もう一人のヒロイン。

人見知りで内気な性格の持ち主であるが、明照には超が付くほどの冷酷塩対応で毒舌。

以前は名門のお嬢様学校に通っていた真白であったが、とある理由で明照と同じ高校に転校することとなった。

小日向 乙馬(こひなた おづま)

高校2年生で彩羽の兄。

明照が唯一信頼している友達である。

絵に描いたようなイケメンで、思いやりがあり、気配りもできる。

過去のある一件から、明照には返しきれない程の恩を感じている。

また、天才プログラマーでもある。

影石 菫(かげいし すみれ)

明照が通う高校の教師で25歳。

明照と乙馬の担任をしている。

頭の切れる美人女教師であるが、「猛毒の女王」と恐れらられるほど、指導方法が冷酷で、毒舌。

しかし、彼女には誰にも見せていない本当の顔がある。

友達の妹が俺にだけウザいのレビュー

学園ラブコメディのこの物語は、どのようなストーリー展開になっていくのでしょうか。

レビューを紹介!!

個性豊かなキャラクター達

主人公の前だけでは、ありのままをさらけだし、愛情表現でついついかまってもらおうと、ウザがらみをしてしまう彩羽がとても可愛くてたまりません。

他にも毒舌塩対応の従姉妹や、冷酷どSの美人女教師など個性豊かなキャラクターが明照と絡んでいき、さらに物語が進んでいきます。

次の展開が気になりどんどん読み進めてしまう。今後の展開が楽しみです。

ヒロイン彩羽から目が離せない

なぜか、親友の妹が合鍵を持っているという設定のこの物語。

登場人物のヒロインが彩羽だけではなく、他にもいるなど予想外の展開ばかり。

ライバル登場で彩羽の可愛さが引き立てられ、またどうなるのかと、この先の展開にドキドキさせられます。

前半から、明照にウザがらみしていく様子も最高に可愛いです。

それぞれの登場人物の過去も次々に明らかになり、その理由や裏側が計算されていて何とも言い表せません!!

まとめ

ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』は学園物のラブコメ好きでなくても楽しめる驚きの展開になっています。

現在は『友達の妹が俺にだけウザい』最新5巻が好評発売中!!

ぜひ読んでみてください。