ライトノベル

ライトノベル『モンスター娘のお医者さん』レビュー

ライトノベル『モンスター娘のお医者さん』レビュー

モンスター娘好きのあなた、ライトノベル「モンスター娘のお医者さん」が気になっていませんか?

この記事では、「モンスター娘のお医者さん」のあらすじや登場人物、レビューについて紹介しています。

購入を迷っている方はぜひご覧ください。

モンスター娘のお医者さんとは?

モンスター娘のお医者さんとは?原作は折口良乃、キャラクターの原案はZトンが担当する医療系ファンタジーのライトノベル作品。

2016年6月からダッシュエックス文庫(集英社)で刊行されました。

2018年2月から徳間書店の月間COMICリュウにweb上で連載開始。

現在最新巻8が好評発売中です!!

さらに2020年7月12日よりテレビアニメの放送が始まっています。

あらすじ・スト―リー

約100年間、魔族と人間との間で戦いをしていた世界。

舞台は人間と魔族が上手く共存している街リンド・ヴルムです。

その街で、魔族の治療・診療ができる唯一の人間族医師グレンと、その助手ラミア族のサーフェがモンスター娘を治療していく日々や、まだまだ平和とは言えない世界で巻き起こる争いを描いています。

主な登場キャラクター

この作品に登場する魅力的なキャラクターを紹介します。

グレン・リトバイト

グレン・リトバイト魔族医師として、リトバイト診療所の医院長を勤めている真面目で誠実な主人公。

人間領東方出身。確かな知識と医療技術を持っており治療・診療に没頭しがち。

サーフェンティット・ネイクス

サーフェンティット・ネイクス通称サーフェ。人間の上半身と蛇の下半身を併せ持つ、ラミア族の出身で、実家が暗殺家業のため戦闘力は高い。

リトバイト診療所で薬師を務めており、グレンの助手として働いている。

ティサリア・スキュテイアー

ティサリア・スキュテイアー名門スキュテイアー家の令嬢でケンタウロス族である。

本来武道に生きる種族であるため、闘技場で闘士として日々戦っている。

侍女として、常にケイとローナを連れている。

アラーニャ・タランテラ・アラクニダ

蜘蛛の下半身を持つアラクネ族であり服飾デザイナーとして働いている。

デザインとともに、自身の糸を利用して衣装を製作したり、機織りをしたりしている。

ルララ・ハイネ

褐色の肌を持つ人魚娘で、メロウ水路街というヴィービル山から水を引いて作られた場所で生活している。

元々海で生活していたが、家族の生活費を稼ぐために地上に上がることが多い。

素晴らしい歌唱力を持ち、歌を歌うことで稼いでいる。

モンスター娘のお医者さんのレビュー

モンスター娘のお医者さんのレビュー

魅力的なキャラクターが続々と登場

モンスター娘を題材にしているため、好みが分かれる作品かもしれません。

真面目で誠実な主人公人間族のグレンと、ヒロインのサーフェを始め可愛らしいモンスター娘たちの様子が生き生きと魅力的に描かれています。

というのも挿絵はあの特殊な性癖漫画を得意とするZトン先生。

どのキャラクターも細部まで丁寧に描かれています。

物語の中では、ケンタウロスや人魚、ゴーレムなど様々な魔獣の女の子達を治療。

どんな可愛いモンスター娘が登場するのか今後も楽しみです。

医療ものであるものの、気持ち悪い表現などが特にないため安心して読み進められました。

医療行為に感じてしまうモンスター娘たち

この物語の最大の見どころは、なんといっても診察シーンです。

医療テーマとしてモンスター娘たちの生態が十分な情報量で描かれてあり、読みごたえがあります。

また、主人公のグレンは毎回真剣に診察・治療を行っているのですが、いつもエッチな雰囲気になってしまうんです。

その治療中の処置の様子や敏感なところを、触診・治療されるモンスター娘たちの反応や漏れ出る声など、エッチな描写もたくさん詰め込まれています。

まとめ

ライトノベル『モンスター娘のお医者さん』はモンスター娘好きには、ぜひとも一度は読んでもらいたい作品です。

現在、スピンオフモンスター娘のお医者さん0巻を含む合計9巻発売中の『モンスター娘のお医者さん』。

2020年7月よりアニメ『モンスター娘のお医者さん』がTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BS11、AT-Xにて絶賛放送中!!

ライトノベルとはまた違った、リアルなモンスター娘をぜひアニメの方もチェックしてみてください。